HOME > 世界から日本へ > 体験記 > 整形外科治療

体験記
整形外科治療

"

非常に高品質の関節を使ったこともあり、普通に歩き、活動できるようになってとても満足しています。

ロシア・女性・30歳代

"
病名・治療方法
変形性股関節症
人工関節置換手術
来日時期・治療期
2011年12月検査・2012年2月手術(1回目)・同7月手術(2回目)
2013年1月検査
手術(1回目)8週間・手術(2回目)6週間

治療の内容

両股関節の人工関節置換手術(片側ずつ2回手術)。臼蓋がもろくなっていたため、切った骨を移植し臼蓋の強化も同時に行った。

日本で治療(検査)を受けようと思ったきっかけ

他国でも検査を受けていましたが、日本の医師の診察や説明は信頼できると思いました。例えば、他国では両膝の手術は一度に行うと言われましたが、日本では片膝ずつ時間を空けて二度の手術を行うと言われました。両膝一度に手術を行ってしまうと長期間車いすの生活を強いられるため、子供が二人いる自分には不自由だろうと配慮してくださってのことです。また、医師がすぐに指の関節が曲がっていることに気づき、関節変形症の理由となる病気についても説明してくれたので、更に信頼を強めました。

実際に日本で治療を受けた感想

非常に高品質の関節を使ったこともあり、普通に歩き、活動できるようになってとても満足しています。日本の医療を多くの人に受けてもらいたいので、自分の会社のホームページに日本の医療の紹介を掲載してまわりの人に勧めています。今後の定期的な検査もぜひ日本の担当医師のもとで受けたいと思っています。

MEJが提供したサービス

医療機関マッチング、マルチビザ取得支援、医療通訳派遣

本体験記に記載された内容や治療法は,あくまでも治療を受けた患者の個人的な感想であり,治癒や治療結果を保証するものではありません。

関連情報

関連情報

渡航の際に必要となる情報についてご紹介いたします。

治療に関するご相談からご帰国後のアフターフォローまで、ワンストップで様々なサポートをご提供いたします。