体験記
目の治療

"

精巧な傷口処理など高い手術技術が印象に残りました。

中国・男性・10歳未満

"
病名・治療方法
先天性眼裂縮小症候群
筋膜移植法
来日時期・治療期
2011年7月から8月まで約1ヶ月間の滞在
入院期間約2週間

治療の内容

来日後,眼科での精密検査および形成外科での診察を行い,左大腿部の筋膜を両瞼に移植する筋膜移植法を実施。抜糸を含め約1か月間の治療を終えて帰国。

日本で治療(検査)を受けようと思ったきっかけ

顔面の手術なので,失敗の可能性の無い様にしたいと思いました。日本の医師は比較的慎重と聞いていたので日本で治療を受けようと思いました。
(母親による回答)

実際に日本で治療を受けた感想

医師をはじめ医療関係者の方々の丁寧な対応がとてもよかったです。将来のことを考え再手術できる余地を残した手術方法など,慎重に治療して頂いた印象があります。特に,精巧な傷口処理など高い手術技術が印象に残りました。
(母親による回答)

MEJが提供したサービス

医療機関マッチング,ビザ取得支援,医療通訳派遣,入退院手続き支援,空港送迎,宿泊先手配,余暇手配

本体験記に記載された内容や治療法は,あくまでも治療を受けた患者の個人的な感想であり,治癒や治療結果を保証するものではありません。

関連情報

関連情報

渡航の際に必要となる情報についてご紹介いたします。

治療に関するご相談からご帰国後のアフターフォローまで、ワンストップで様々なサポートをご提供いたします。